投資で育児費用を稼ぐ その方法とメリット3点




スポンサードリンク<br>
こんにちは、ritaです。

3歳の娘と来月に息子を授かる予定の

子育て真っ最中の中年おやじです。

子育てをする中で最も必要なもの。

それは愛情?

間違いなく大切ですよね。

また、それ同等に必要なものって何だろう?

現実的にはお金

ですよね。

綺麗ごとではなく、

しっかり子供を育てていく為には、

必要不可欠ですよね。

例えば、

保育園、幼稚園に始まる教育費。

僕自身に何かあった時に家族を守る保険

そして

子供が大好きなディズニーランド

たまには連れて行きたいですよね^^

などなど

子供を健全に育てる為には

それなりのお金が必要です。

もちろんお金が全てだとは

全く思いませんが、

経済的なゆとりは大切だなと

思います。

貧困が犯罪の温床ともなり得る

悲しい現実もありますものね。

とはいうものの

本業で仕事をしていて、

子供も小さいし手がかかる。

そんな頑張る親御さんへ、

僕自身が育児をしながら

株式投資で実際に稼いだ経験を

ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク<br>

数千ある企業からどこを選べば良いのか?

結論から申し上げると、

僕の場合は

心から応援したい会社。

そして今後、

業績が上がるだろうと思われる会社です。

具体的には、

発達障害のお子さんの支援や、

障害者の雇用支援をしている

LITALICO(6187)や、

ウェルビー(1714)といった会社に

投資をしています。

僕自身が若いときから、

「弱者に対してどうあるべきか」

という思いが

強かったせいもあり、

こういった社会問題をビジネスの

手法で解決する企業に

心から自分のお金を使って欲しい

思いました。

また、障害者の法定雇用率も

平成30年の4月から2.2%(従来は2%)へ

上昇したこともあり

市場規模の拡大に伴う

利益の増加が予想できたから

です。

参照元:厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaisha/04.html

また、

各省庁での

障害者雇用の水増し問題の影響で

突発的な需要の増加が出るのでは?

と考えたからです。

実際に、

当時購入した価格より株価も

上がりましたので

財布にもゆとりが出来ました。 ^^

僕自身、株式投資のプロではないので、

全銘柄をスクリーニングにかけ、

ファンダメンタルと

テクニカル分析を駆使しきった上での

投資は、

時間的にも出来ませんので

上記のような応援したい企業に

純粋に投資させて頂きました。

ですので、

働きながらでも出来ましたし、

終始画面を見ている必要もないので

仕事と育児に負担なく、

お金を投じることが

出来ています。

次に、

株式投資を実際にしたことで

生まれたメリットについても

触れさせて頂きますね。

スポンサードリンク<br>

投資をしたメリット

結論から申し上げると

こちらの3点になります。

メリット1 お金が増えた。

メリット2 組織ではなく個人で稼ぐことが出来た

メリット3 社会的弱者の方々に微力ながら貢献出来た(僭越ですが)

メリット4 仕事に使える自分で調べる力、

      先を読む力、文章に落とし込む力養われた。

それぞれのメリットについ

説明させて頂きますね。

メリット1について

幸い購入した金額より高い金額で

売れましたのでその分、利益が

出てお金が増えました。

経済的にもゆとりが出来ましたので、

新たに生まれたお金で

ディズニーランドへ行ったり、

外食をしたりと子供が笑顔になる機会に

使わせて頂くことが出来ました。

もちろん投資のデメリットもありますね。

元本(投資したお金)は、

保証されてはいませんし、

上がる時があれば下がる時もあります。

ですので

あくまで自己責任でやることが

必要になってきますね。

メリット2について

組織ではなく個人で稼ぐことに成功した

サラリーマンとして

組織で稼ぐ経験はありましたが、

個人でお金を生み出すこと

経験したことがありませんでした。

その経験を中年にして味わることが出来ました。

純粋に嬉しかったです ^^

今は

投資金額を

少しづつ分散して増やしていき、

より大きく、

より安定的に

お金を生み出す方法にも

トライしています。

スポンサードリンク<br>
ちなみに

なぜ僕自身が投資を始めたのか?

という理由を

補足までに説明させて頂きますね。

お勤めさせて頂いている会社は

金融業界でもなく、

投資とは無縁の業界でしたが、

リーマンショック(2008)の影響で

会社の業績が大きく傾きました。

当時はメーカーで働いていて

アメリカ市場を担当させて頂いていたので、

急激な円高(ドル安)の影響で

業績が急降下してしまったんですね。

その時に疑問に思いました、

金融ってなんだ? 

経済ってなんだ? 

と…

幼少期から

金の借り貸しは、悪いことだ

思っていたので、

そういう世界には無縁で生きてきましたが

どうもそうは言ってられない。

ビジネスマンとして

まずは理解することから

始めようと思いました。

そこが起点でした。

で、

今は円の価値が高いから、

今買って、

数年後に売るのがいいのではと

試しに米ドルから購入したので僕の投資の始まりました。

つまり、

投資で稼いでやろうという思いではなく、

単純にサラリーマンとしての仕事で

自分の担当地域の業績が

なぜ悪化したのかという理由を

理解したいというのが

投資を始めたきっかけでした。

あの時の

小さな疑問から

着実に今の投資に繋がっているなという感じですね。

脱線してすみません。 

メリット3について

社会的弱者の方々に

微力ながら貢献出来た(僭越ですが)。

青臭い話で恐縮ですが、

上述させて頂きました通り、

「弱きものにどうあるべきか?」

という軸を

昔から持っていたので、

実際に活動されている

社会事業家の方々に

自分のお金を使って頂くことで

微力ながら

貢献出来ている感覚

得られました。

スポンサードリンク<br>

メリット4について

仕事に使える

調査する力、

先を読む力、文章に落とし込む力が

伸びました(以前の自分の能力が著しく低かったかもしれませんが…)

先に述べさせて頂きました通り通り、

応援したいという気持ちは大切ですが、

それだけでは貴重なお金を投じることは

僕の場合は出来ませんでした。

もっと正直にに申し上げると、

家族を養っていくために必要な道具

ですから

誰かを救うために

自分の家族を犠牲にすることは出来ませんでした。

すのでこの企業の株価は

今後上がるのか確信が持てるまで調査をしました。

具体的には、

投資対象会社の

市場の可能性や、

競合他社との優位性なとなどです。

自分のお金を投入するとなると

本気度も変わりますので

調べる力も強化された気がします。

現金ですね僕って 笑

また何を知るべきかという、

キークエスチョンを

考える力も伸びました。

ここでいう

調べる力、

次の展開を読む力はサラリーマン業でも使えるので

こちらも投資をしたメリットに

挙げさせて頂きました。

簡単ですが以上4点が

株式投資をしたことで得られた

メリットとなります。

まとめ

はい、今日は、

育児で必要な

お金を稼ぐ為の

株式投資の方法とそのメリット4点を

ご紹介させて頂きました。

ポイントはこちらの2点でしたね。

①無数にある企業の中からのどの会社を選ぶのか?

・心から応援したいと思う会社へ投資する。

・貴重なお金を投資するので、

 業績が上がるだろうと思われる会社へ投資する

②株式投資を実際にしたことで生まれたメリット

・メリット1 お金が増えた。

・メリット2 組織ではなく個人で稼ぐことに成功した

・メリット3 社会的弱者の方々に微力ながら貢献出来た(僭越ですが)

・メリット4 仕事に使える調査する力、先を読む力、

       文章に落とし込む力が養われた。

「同情するなら金をくれ!」

なんて言葉が昔、流行りましたが、

お金は愛情と同じく大切なものだと

家族を持つ父親として思います。

ですので、しっかり稼いで愛情とお金を

わが子と妻に笑顔でいて頂きたいなと思います。

それでは、素敵なご投資を!

そして自己責任で!

スポンサードリンク<br>

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする